読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語楽 - わかりやすい落語の噺 -

落語の噺を綴ってます

【落語】寿限無(じゅげむ)

さ〜そ

とある家にかわいい男の子が生まれました。

七日たつのでそろそろ名前を考えようとする八五郎とおかみさん。

でも、子どもの名前をつけたことがないので、どんな名前がいいかわかりません。

そこで、物知りなお寺の和尚さんに名づけ親になってもらうことにしました。

さっそく八五郎は和尚さんをたずねます。
おめでたい、長生きするようないい名前を考えてもらいたいと言われた和尚さん、
「では、経文(きょうもん)の中に『寿限無(じゅげむ)』というのがあるがどうじゃ」と言いました。
寿限無」とは、「寿(ことぶき)限(かぎ)り無(な)し」、
つまり「おめでたいことがずっと続く。死ぬことがない」という意味です。

よろこんだ八五郎が「まだほかにありませんか」と言うと、
和尚さんは「五劫(ごこう)のすり切れ」というのがあると言いました。

「天女が三千年に一度、天から下界におりてきて、衣で大きな岩をひらりとなでる。
三千年に一度またおりてきて、ひらり。また、三千年に一度、ひらり。
そしてこの岩がすりきれてなくなってしまうのを一劫(いっこう)という。
五劫だからその5倍。何千、何億、何兆年とはてしなく続くところがおめでたい」と和尚さん。

「いいね。めでたいね。まだ他にありますか」とよろこぶ八五郎。
すると和尚さん、「海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)」というのがあると言います。
海砂利は海の砂、水魚は海の魚。捕っても捕ってもとりつくせないというところが、
果てしが無くておめでたい」。

よろこんだ八五郎に「まだほかにありますか」と聞かれ
「水行末(すいぎょうまつ)、雲来末(うんらいまつ)、風来末(ふうらいまつ)。
水の行く末、雲の行く末、風の行く末。どこまで追っかけても果てしがないところがおめでたい」。

まだほかにあるかと聞かれ、
「食う寝るところに住むところ」。これは人間が生きていく上で必要なもの。

まだほかにと聞かれ、「やぶらこうじのぶらこうじ」。
「やぶらこうじという木があってな。春、若葉を生じ、夏、花がさき、秋に赤き実をそえて、
冬に霜をもしのぐという、まことにおめでたい木だな」。

まだほかにと聞かれ、「昔の唐土(もろこし)にパイポという国があった。
そこにシューリンガンという王様とグーリンダイというお妃様がいて、
二人のあいだにポンポコピーポンポコナーというおひめ様が生まれ、みんな長生きをしたとつたえられる。

そしてもう一つ。“長く久しい命”と書いて長久命(ちょうきゅうめい)、
“長く助ける”と書いて長助などがすきな名前だな」と言いました。

すっかり気に入った八五郎、名前を全部紙に書いてもらいます。
寿限無 寿限無 五劫のすり切れ 海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末 食う寝るところに住むところ
 やぶらこうじのぶらこうじ パイポパイポパイポシューリンガン シューリンガングーリンダイ
 グーリンダイポンポコピーポンポコナーの長久命の長助」。

このなかから一つ気に入った名前をつけなさいと言われた八五郎ですが、
「全部おめでたいんだからもったいない。みんなつけちゃえ」ということで、世にも長い名前が生まれました。


こうして、名前が良かったのか、八五郎の息子はすくすくと育ちました。
小学校に上がると元気いっぱい、近所の子どもと喧嘩して相手に大きなこぶをこしらえたり・・・。

「うわーん、おばちゃん。おばちゃんとこの、寿限無 寿限無 五劫のすり切れ
 海砂利水魚の 水行末、雲来末、風来末 食う寝るところに住むところ
 やぶらこうじのぶらこうじ パイポパイポパイポシューリンガン
 シューリンガングーリンダイ グーリンダイポンポコピーポンポコナーの長久命の長助が、
 あたいの頭ぶってこんな大きなこぶこしらえた」と金ちゃん。

「あらまあ、ごめんなさいね。うちの、寿限無 寿限無 五劫のすり切れ
 海砂利水魚の 水行末、雲来末、風来末 食う寝るところに住むところ
 やぶらこうじのぶらこうじ パイポパイポパイポシューリンガン
 シューリンガングーリンダイ グーリンダイポンポコピーポンポコナーの長久命の長助が、
 金ちゃんの頭ぶって大きなこぶこしらえちゃったの。

ちょいとお前さん、聞いた? うちの、寿限無 寿限無 五劫のすり切れ
 海砂利水魚の 水行末、雲来末、風来末 食う寝るところに住むところ
 やぶらこうじのぶらこうじ パイポパイポパイポシューリンガン
 シューリンガングーリンダイ グーリンダイポンポコピーポンポコナーの長久命の長助がね、
 金ちゃんの頭ぶって大きなこぶこしらえたんですって」。

「なんだって。うちの、寿限無 寿限無 五劫のすり切れ
 海砂利水魚の 水行末、雲来末、風来末 食う寝るところに住むところ
 やぶらこうじのぶらこうじ パイポパイポパイポシューリンガン
 シューリンガングーリンダイ グーリンダイポンポコピーポンポコナーの長久命の長助が、
 金ぼうの頭ぶって大きなこぶこしらえたって?」。

おばあさんも出てきて、「なにかい、うちの孫の、寿限無 寿限無~」と大さわぎ。

ところが金ちゃんの頭を見た八五郎、「なんだい、こぶなんかどこにもねえじゃねえか」。

すると金ちゃん、「あんまり名前が長いから、こぶが引っこんじゃった」。

f:id:newsomosiro:20160408120240j:plain


寿限無』(じゅげむ)は、早口言葉あるいは言葉遊びとして知られる古典的な噺です。

寿限無寿限無
五劫の擦り切れ
海砂利水魚
水行末 雲来末 風来末
食う寝る処に住む処
藪ら柑子の藪柑子
パイポパイポ パイポシューリンガン
シューリンガングーリンダイ
グーリンダイポンポコピーポンポコナー
長久命の長助

じゅげむ じゅげむ
ごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょの
すいぎょうまつ うんらいまつ ふうらいまつ
くうねるところにすむところ
やぶらこうじのぶらこうじ
ぱいぽ ぱいぽ ぱいぽのしゅーりんがん
しゅーりんがんのぐーりんだい
ぐーりんだいのぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの
ちょうきゅうめいのちょうすけ

from のも