読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語楽 - わかりやすい落語の噺 -

落語の噺を綴ってます

【落語】初天神(はつてんじん)

は〜ほ

良く晴れた1月25日、男が天満宮に参拝に出掛けようとした。

すると女房は息子も連れていってくれと頼む。

男は息子が物を買ってくれとうるさくせがむのが分かっており、乗り気ではなかったのだが折悪しく外から息子が帰ってくる。

どうしても付いていきたいと懇願する息子をつっぱねると、ヘソを曲げた息子は隣の親父のうちへ出かけて行く。

『面白い話聞きたくな~い?あのね、昨日の夜の、うちのおとっつぁんとおっかさんの、おはなし』

そんな事を外で話されては堪らないと、大慌てで息子を連れ戻した男は、渋々息子を初天神に連れていくのだった。

天満宮への道を歩きながら、父は息子に買い物をねだるなと念を押す。

しかし息子は
「ね、おとっつぁん、今日はおいらあれ買ってくれーこれ買ってくれーっておねだりしないでいい子でしょ」
「ああ、いい子だよ」
「ねっ。いい子でしょ。ごほうびに何か買っておくれよ!」
これではいつもと同じである。

様々な果物を買えと催促するが、父は「体に毒だから」と無理な理屈で拒否する。

しかし、息子が余りに煩いので口塞ぎの為に、止むを得ず飴玉を買い与える。

店先で売り物の飴を散々ねぶり回して吟味する父に飴屋の親父もあきれ顔。
飴を与えられて御機嫌の息子は、飴を舐めながら歌を歌う。

二人は天満宮の参拝を終えた。
息子は、凧を買ってくれるよう催促する。
「あの1番大きいのがいい」
「馬鹿だな、ありゃあ店の看板だい」
「売り物ですよ。坊ちゃん、買ってくんなきゃあすこの水溜りに飛び込んで着物汚しちまうってお言いなさい」
「変な入れ知恵すんねえ!」
しぶしぶ凧を出店で買い与え、天満宮の隣に有る空き地に息子を連れて行く。

凧揚げに関しては子供時代腕に覚えがあったと息子に自慢しつつ、父はまず自分がと凧を揚げる。
そのうちすっかり夢中になってしまい、凧を揚げさせてくれと脇から催促する息子を
「うるせえっ!こんなもなァ、子供がするもんじゃねえんだい!」
と一喝して凧を渡そうとしない。

無邪気に遊ぶ父の姿を見て呆れた息子は

「こんな事なら、おとっつぁんなんか連れてくるんじゃなかった。」

f:id:newsomosiro:20160418115013j:plain

この噺は、どの箇所でもサゲられるようになっていて、時間調整が効く噺という利点があります。このため最後まで演じられることはそれほど多くはないとの事です。