読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落語楽 - わかりやすい落語の噺 -

落語の噺を綴ってます

【落語】薬缶なめ(やかんなめ)

季節がら梅が見ごろだと聴き、お供を連れて見物に来たある大家の奥様。

言問橋のたもとまで来た所で、持病の「癪(シャク)」が起きてしまった。

癪(シャク)・・・俗に、腹や胸に発作性の激痛をひきおこす病気の総称。

七転八倒する奥様を前に、オロオロするお供の目に、道を歩く二人の男の姿が飛び込んできた。

「お待ちください!」

お供が声をかけたのは、たまたま通りかかった二人連れの侍、八五郎と源兵衛だった。

「奥様が今、持病のシャクで苦しんでおります。奥様のシャクには薬缶(やかん)をなめるのが一番。しかし、このへんにはなく、難渋していたところです。」

「で、それと俺たちに、いったい何の関係があるんです?」
首をかしげる源兵衛の頭を、お供はまっすぐに指差した。

「貴方の頭を、奥様になめさせてください」

実は源兵衛、まだ四十なのにもう頭がピカピカ。要は、源兵衛のヤカン頭を本当の薬缶に見立て、お嬢様になめさせる事でシャクを鎮めようという訳。

唖然となった源兵衛だが、人の命には代えられない。不承不承、ヤカン頭を差し出すと、奥様は遠慮なくその頭をベロベロ。

そのうち急に発作が起きたと見え、頭を思いっきりガブリ。

「御免なさい!どこかに、お傷がついてはおりませんか?」

「なーに、傷はつきましたが、漏ってはいません」

f:id:newsomosiro:20160418115640p:plain

丈夫な頭で良かったです。

from のも